MENU

寿司忠のあゆみ

寿司忠初代創業者 田中忠三郎 田中忠三郎と忠さんいなり 料亭寿司忠は、明治43年埼玉県小川町にて田中忠三郎が創業致しました。 忠三郎がまだ若く、料理人として働いていた頃、この小川町に寿司屋が少ないことに気が付き、いなり寿司を中心とした寿司屋を始めることに決めました。 これが寿司屋と忠三郎を合わせて名づけた「寿司忠」の始まりです。 忠三郎はお客様に「忠さん、忠さん」と呼んでいただいていたそうです。 いつしかこの忠三郎が作ったいなり寿司は「忠さんいなり」と呼ばれ親しまれるようになりました。 この「忠さんいなり」こそが寿司忠の「味」なのです。 忠三郎の妻である喜久は、当時では珍しく、料理のレシピ化に取り組んでおりました。 そのおかげでこの「忠さんいなり」のタレは、その当時のレシピに基づいて、明治43年から継ぎ足し続け、その当時の味を今もなお守り続けることができております。 この「忠さんいなり」から寿司忠の歴史が始まったのです。

寿司忠のはじまりの逸品

忠さんいなりとき久さん巻

当店は明治43年に忠さんいなりとき久さん巻から始まりました。忠さんとは初代創業者 田中忠三郎の愛称、き久は田中忠三郎の妻が由来しております。
創業以来現在に至るまで、特製のタレで大切に、継ぎ足し継ぎ足し、守り続けてきた寿司忠の「味」なのです。
お持ち帰りもできますので、当店でお食事後、お土産としても親しまれております。